HOME | 協議会の概要 | 会員一覧 | 活動紹介 | リンク集 | 会員向け | 個人情報保護方針 | お問合わせ
HOME > 協議会の概要
     協議会の概要


 
会長ごあいさつ

会長 大江祥子2025年問題を目前に現在の社会を取り巻く状況としては、認知症高齢者の増加、虐待、障がい者や児童への支援、生活困窮者等とその問題は多岐に渡り、これまで以上、地域包括支援センターの役割が増えていく事が見込まれます。

山形県地域包括・在宅介護支援センター協議会では複雑化する状況に対し、センター同士の連携を強化しながら、様々な関係機関と協同し取り組める様な組織体制の構築を目指します。



会員組織(地域包括支援センター、在宅介護支援センター)について

  【地域包括支援センターとは?】
  • 高齢者が住み慣れた地域で、尊厳あるその人らしい生活を継続することができるように保健、医療、福祉サービスをはじめ、さまざまなサービスを必要に応じて、総合的、継続的に提供し、地域における包括的支援・総合的なマネジメントを担う中核機関として、2006(平成18)年4月より設置されました。
  • 責任主体は市町村。設置主体は市町村又は市町村から委託を受けた法人。
  • 地域包括支援センターでは保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員等の専門職が連携し、専門性を生かしながらチームで業務を実施します。
  • 事業内容は介護予防ケアマネジメント、総合相談・支援事業、権利擁護事業、包括的・継続的ケアマネジメント支援事業の四つからなる包括的支援事業と指定介護予防支援事業に大別されます。
  【在宅介護支援センターとは?】
  • 平成2年「保健・医療・福祉の連携」という理念を具体的なものとする制度として発足、地域住民に最も身近な場所で、地域における高齢者とその家族等の介護、生活支援、介護予防等の相談及び調整活動を行ってきました。高齢者保健福祉を推進するため市町村の代替機能を担いながら、専門性に立脚し情報提供、広報・啓発活動、実態把握を行う公正・中立の機関です。
  • 実施主体は市町村(社会福祉法人、医療法人、民間事業者等に委託可能)。
  • 2006(平成18)年地域包括支援センターの創設により、在宅介護支援センターの役割が不透明となるなか、その機能を残しながら地域包括支援センターの受託又はサブセンター、ブランチなど様々な形で地域福祉や地域ケアの担い手として新たな事業展開を行っています。


役員体制

会長 峯田 幸悦 村山ブロック 済生会なでしこ地域包括支援センター

副会長 大江 祥子 村山ブロック 地域包括支援センターかがやき
長谷部 宏行 置賜ブロック 南陽市社会福祉協議会地域包括支援センター
阿部 貴志 庄内ブロック 酒田市地域包括支援センターはくちょう

理事 阿部 久 村山ブロック 済生会愛らんど地域包括支援センター
高崎 健一 村山ブロック 天童市地域包括支援センター中央
東海林 かおり 村山ブロック 南沼原地域包括支援センター
藤橋 佳代子 村山ブロック 村山市社会福祉協議会地域包括支援センター
竹村 幸子 庄内ブロック 酒田市地域包括支援センターにいだ

監事 村山 正市 村山ブロック 天童市在宅介護支援センター「清幸園」
滝口 典子 村山ブロック 東根市地域包括支援センター

事務局長 手塚 敬一郎 村山ブロック 済生会なでしこ地域包括支援センター
事務局次長 冨士 尚美 村山ブロック 済生会愛らんど地域包括支援センター
事務局 大波 孝至 村山ブロック 済生会なでしこ地域包括支援センター


委員会

【研修委員会】 委員長 大江 祥子 村山
担当理事 高崎 健一 村山
東海林 かおり 村山

【調査研究委員会】 委員長 長谷部 宏行 置賜
担当理事 阿部 久 村山
担当理事 藤橋 佳代子 村山

【広報委員会】 委員長 阿部 貴志 庄内
担当理事 竹村 幸子 庄内



収支予算書

平成30年度の収支予算書(PDF)はコチラ
※PDFファイルをご覧いただくにはアドビシステムズ社の Acrobat Reader 日本語版(無料)が必要になります。まだお持ちでない方は、左のアイコンをクリックしていただきますと、アドビシステムズ社のダウンロードページへ移動できます


このページのTOPへ

山形県 地域包括・在宅介護支援センター協議会

〒990-0845 山形市沖町79−1 山形済生病院 済生会なでしこ地域包括支援センター内 TEL.023-681-7450 FAX.023-681-7603